スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ayakong ポッドキャスト始めました♪

 こんにちは。
気づけばもう9月、少しずつですが秋の気配を感じる今日この頃、という気候になってまいりましたが、そんな折皆様いかがお過ごしでしょうか?
まずは、前回のエントリーにて突然の告知となりましたが、先月12日にFMくしろにて放送されました、「春採夏祭り」内、みきりんステージをお聴きくださいました皆様、どうもありがとうございました。
今回のステージ時間は30分余りということでしたが、その中で私目が作編曲をさせていただいた「青空の向こう」も、ステージの3曲目で無事に演奏されたようですが、お聴きいただけましたでしょうか?
土曜日の日中とあって、お出かけ中の方、あるいはお仕事中の方も大勢いらしたと思われます。
それゆえ、お時間の都合でお聴きいただけなかった方も大勢いるのではと推測します。
また、オンエアの機会等々ございましたら、改めて告知させていただきたく思っておりますので、その時は是非ともよろしくお願いいたします。
 さて、ここからが本題。
これこそ、すっかり告知が遅くなってしまって恐縮ですが、実はAyakong ポッドキャスト番組をこっそり始めていました!!!
DYさん、ネコニャンさん、私の3人が集って始めた新番組、その名も、弾けたいラジオ(はじけたいラジオ)ですっ!!
我々3人には、ピアノやシンセサイザーを「弾く」ことで、主に音楽活動を展開しているという共通点があり、番組名はここからとったのです。
そう、「ひく」のではなく、「はじく」、いやいや、「はじける」、いえいえ「はじけたい」のです。
この番組は、そんな鍵盤を「弾けたり弾けなかったりする」私たち3人のミュージシャンが日常生活で弾けられないけど弾けたい、そんな欲求を満たすゆるー~い感じのトーク番組となっており、愛称は「ハジラジ」です(番組公式ページより一部紹介分を引用)。
いいですか…愛称が「ハジラジ」だからと言って、「恥をさらすラジオ」ではございませんのであしからず(笑い)。
まあ…今後の話の流れ次第では、うっかり恥をさらしてしまう場面はあるかもしれませんが、それはそれでご愛嬌ということで…(爆)。
それはそうと、既に、8月8日より第1回の配信が始まっており、現在メッセージをゆるー~く募集しております。
我々3人に聞いてみたいこと、弾けてほしいこと、もろもろ気が付いたこと、その他番組へのご感想、ご意見などありましたら、Twitterハッシュタグ、#ハジラジまでお送りくださいませ。
なお、現在メッセージはTwitterのみでの受付となっております。
今後、直メールやメールフォームでの募集も検討しておりますので、Twitterアカウントをお持ちでない皆様には申し訳ありませんが、なにとぞご了承いただきますようお願いいたします。
あ、そうそう、大事なことを書き忘れていましたが、番組は毎月1回、「月と日にちが同じ数字になる日」に配信されます。
というわけで、次回の配信は9月9日ともう間もなくということになります。
ちょっとした暇つぶしに、作業用のBGMに、また睡眠の導入に(なるかどうかはわかりませんが)、ぜひお聴きください。
よろしくお願いします。

 最後に、現在のAyakongについて少しだけ。
実は、ひょんなことがきっかけでリアルの方があわただしくなる事態が起きており、10月末、下手をすれば11月くらいまで落ち着かない日々が続く見通しとなりそうで、このブログもなかなか更新できないかもしれませんが、できる限り最低でも月1くらいで記事は書きたいなあ…と目標を持っています。
現在は、来月末に控える大一番の戦いに挑むべく、「早く音楽活動に戻りたい」という欲求を何とか抑えて過ごしております。
というわけで、新ポッドキャスト番組、「弾けたいラジオ」をよろしくお願いします。
スポンサーサイト

重大発表@コミュニティFMの市民パーソナリティーさんへ楽曲を提供いたしました!

 こんにちは。

あと1週間足らずで7月、いよいよ今年も半年が終わろうとしていますが、そんな折皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、いきなり本題へいこうと思いますが、このたび、FM釧路さんにて市民パーソナリティーとして活躍されている「みきりん」さんへ楽曲を提供させていただきました!!!

また、一昨日多くのお客様やラジオ局関係者様方が観覧された中行われた単独ライブにて初お披露目となったわけですが、この楽曲の演奏部分の模様が来月末にも彼女の番組内で放送される見込みとなるようです!

なお、放送につきましては、また近くなりまして詳細が決まりました際に、追ってお知らせしたいと考えています。



 ところで、今回製作した楽曲、曲名は、「青空の向こう」といいまして、製作開始から足掛け1年、ようやくお披露目までこぎつけるに至りました。

曲については、メロディーのみみきりんに担当していただき、その基本的な手直し、およびその他すべての作編曲は私目が行っており、昨年7月か8月ごろには骨組みが完成し、細かく詰めていき、ここに至るまでどんどん改良を重ねていきました。

ちなみに、この1年余りでわたくし目のPC環境が変わったり、その勢いもあってとあるDAWソフトを多少なりとも自分で触れるようになったこと、その他もろもろの事情(?)もあって、今後もさらなる改良を行っていく予定です。

また、今回はついに重たい重たい腰を上げて(?)10数年ぶりに作詞にも挑戦したわけですが、歌詞が思いつかず「ど素人×100」というのもあってか、何か月も難儀していたのですが、4月になり、歌詞の一部が奇跡的に思いついたところからたたき台がモノの4時間余りで完成し、そこから事態は大きく動いていきました。

大きく分けて、2,3回程度、みきりん親子の添削を受けて修正を繰り返し、なかなかうまいこと、彼女の思いがぎっしりと詰まった1曲に仕上がったと自負しております。

かくいう私も、数年前、今でも思い出すと具合が悪くなったり、仕事しながら何の前触れもなく突然としてメラメラになった怒りを必死に抑えようと耐えて何でもないふりをしてみたり、ひどいと、あってはならないいらぬ衝動に駆られてしまうようなことがあったりして、

フレーズをメロディーに合わせてどうにかポンポンと並べていきながら、「ああ、きっと彼女はこういう気持ちだったんだろうなあ」とか、「おそらく、何倍、何10倍、何100倍も私以上につらい思いをしてたんだろうなあ」とか、

「なかなか他人から理解されにくい類の苦しみって、共有できる人がそう簡単にいるわけじゃないだけにほかの誰でもない、本人が一番苦しかっただろうし、それを一人で背負うだなんて並大抵じゃないよなあ、私が同じ立場だったら絶対無理だよなあ」なんていうのがこう、何となく彼女と接するうちに感じられるようになって、そうした中の一部については数年前の自分と重なる部分もありました。

そこで、何とか彼女が歌っていてつらくなったりしないよう、私も言葉を選びながら意識して書いていったつもりでしたが、実際に終わって転作に入ると、やはり作詞については私はまだまだ最底辺そのものであることを身をもって感じた次第です(汗)。

やっぱりね、経験があると私が思いつかないような表現なんかがふっと出てくるんですね…本当頭が下がります。

こうして、転作した歌詞を一度見直して、「そうか、そういう表現があったか」と気づいていったという具合で、経験の差というのも痛感した私でした。

これで、今回のことを糧に、現状「ど素人×100」が95くらいまでに下がっているといいんですが…たぶん、まだまだ100のままでしょう、ちょっと上がっても99か98に届いてるかどうか…といったところでしょう(爆)。

まあ、その分だけよい勉強にはなりましたよね。


 そんなこんなで迎えた一昨日、この曲の初お披露目となった彼女の単独ライブに招待を受け行ってまいりました。

実は、昨年秋の単独ライブ時にも招待を受けていたのですが、、なんとあいにく風邪をひいてしまったために三選を取りやめてしまったことがあり、「今回ばかりは…」という思いで足を延ばしました。

曲の本体も彼女の歌も、まだまだ十分に詰めていく余地があるなと思いましたが、実質1か月余りの練習でよくやってくれたなとただただ感謝しきりでした。

ライブ自体はというと、彼女のテンションはもとより、なんと東京からとんでもない方がいらしてたり、最後の最後で「これは実はネタじゃないか?」と思うような大変面白い事態が発生してみたりと、いろいろぶっ飛んでいて、なかなかに楽しめました。

かれこれ1年ちょっと前から彼女には縁あって、シンセの操作や曲作りの一工夫など、定期的にアドバイスをさせていただいているのですが、その中でのこと、ライブ中の様子など、この1年数か月かかわってきた中で、まだまだ課題は山のようにあると改めて感じた一方、

弾き語りをそうとうに練習してたのが伝わってきましたし、「よくもまあ歌うにはなかなかハードなものを持ってきたなあ」と思う場面もあったりでした。

特に、弾き語りでは竹内まりやさんの「元気を出して」と、杉田かおるさんの「鳥の詩」は、なかなかの出来だったんじゃないかと思っているところですし、その他普段から歌いなれているものについては、やはり安定感抜群だったなと思っています。

おそらく、彼女が今の私と同じくらいの年齢になった時に、これから出会う人たちや環境によっては、今の私を軽々と超えてくる存在になるんだろうなあ…そう感じていますし、寧ろそうなってほしいとも願っています。

是非とも、これからの活躍にも期待したいところです。



 最後になりましたが、関係者の皆様、観覧にいらしてくださいました皆様に、私からもこの場をお借りして心よりお礼申し上げますとともに、新曲の製作に当たり、力を貸してくださいました方々にも、深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

リリース告知@音亀フェスコンピアルバム&その他関連情報

 みなさーん、パッショイしてますかぁ~?

というわけでどうもどうも。

4月になり、すっかり春の陽気が顔を出し始めましたね。

各地の桜の開花のニュースや入学、入社の話題、プロ野球を始め春に開幕するスポーツの話題も多くなってきましたね。

 さて、今回はそんな春の陽気が一気に夏になりそうなお知らせです。

4月といえば、スポーツやレジャーももちろんなのですが、もはや毎年恒例、音亀フェスコンピレーションアルバムのシーズンが今年もやってまいりましたよ~!!

昨年11月に配信開始された「音亀フェス2016」のコンピレーションアルバムの発売がいよいよ間近に迫っております。

何と今年は、明日4月9日(日)のリリースでございますよ!

昨年のフェス本編にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。

収録時間約60分で、何とお値段1000円、1000円ですっ!!!

そして、2014時代から引き続きAyakongもこのアルバムに参加させていただいており、今回初めて2曲の音源製作に関わらせていただきましたぁ~(^o^)

まあもっとも、2014の際も、ある意味作曲者として2曲にかかわっていたといえるのですが、そのうち1曲はHARUさんによるアレンジでした。

しかし、今回はカバー曲ながら2曲の音源製作にかかわっております。

その上、2曲とも、他アーティストさんとのコラボとなっているのも特徴の一つとなっています。

きっと、昨年のフェスをすべてお聴きになった方の中には、既にぴんときた方もいるかもしれませんが、

1曲は、メガネDさんとAyakongでお届けした「XYZ!!!(M9収録)」

もう1曲は、Animal c@stersの「夜桜ディライト(M10収録)」となっています。

特に、「夜桜ディライト」については、本編ではAyakongがガクガクブルブルになりながら歌っていましたが(笑)、今回の音源版では、アニキャスのボーカル、パンダケンイチさんをボーカルに迎歌っていただけることになりましたぁ(^o^)

ステージ向けに製作していた際、「これをパンダさんが歌ったらはまる気がするなあ」と思っていたところでしたが、アニキャスメンバーの皆様のご意向もあり、今回のコラボが実現しました。

また、「XYZ!!!」についても、なかなかに会心のアレンジを作れたなと思っていた中、メガネDさんからお話をいただき、晴れて収録となりました。

「オリジナルが入っていないので残念」とお思いの方もいらっしゃるかとは思いますが、「今回はカバーとか歌ものをやるぞ!」と意気込んだ昨年のAyakongステージを象徴する収録内容となっております。

是非皆様、iTunesやアマゾンミュージック、google play musicなどなど、各種ミュージックストアにてどうぞふるってお買い求めくださいませ(^^)

※ 一部ストアによって価格が異なる場合がございます。また、iTunesおよびgoogle play musicにつきましては予約購入が可能となっておりますので、是非ともご活用ください。

なお、その他の収録内容やより詳細な情報につきましては、是非ともこちらのリンクよりご確認くださいませ。



 更に更に!!

お知らせはこれだけではありませんよ!

このアルバム発売に合わせて、そしてこのアルバムをもっともっともぉ~っと盛り上げていくべく、本日4月8日(土)と9日(日、発売当日)の両日に分けて、音亀フェス2016~再演~ツイキャスが行われます。

昨年11月5日の配信開始記念生放送を聴き逃した方、まだフェス本編を聴いていないという方、既に聴いたよという方ももちろん大歓迎!

是非お誘い合わせのうえ聴きにいらしてくださいませ。

なお、Ayakongステージは本日のオンエアとなっております。

配信内容の詳細につきましては、是非ともこちらをチェックしてくださいね(^_-)

両日ともツイキャスの方に参加できるかはわかりませんが、みんなで一緒にパッショイしましょっ♪

それでは、アルバムリリースならびにツイキャスでの再パッション、どうぞお楽しみに!



 あ、そうそう、最後に一つお伝えし忘れてしまったことがありました。

事後報告になってしまい申し訳ありませんが、昨年リリースされた「音亀フェス2015コンピレーションアルバム」、先日4月4日をもちまして販売終了となりました。

お買い上げいただきました皆様、本当に本当にありがとうございました。

なお、当アルバムに収録の「燃え盛る大和の大地」ですが、応援して下さる皆様からの評判もなかなかに良かった楽曲だけに、このまま存在を消してしまうのもどうかなと思っているのが正直なところでして、再録、再MIXなど行ったうえでどこかに出品したいなと考えていたりしています。

以上、音亀フェス関連のお知らせでした。

それではまた。パッショォォーイ!!!

音亀フェス2016@配信開始記念生放送のご案内

こんにちは。
11月の初めだというのに、普段そんなに雪が降らないところだというのに、今朝になって数センチもの雪が積もった北海道の某市。
やはり、今年の気候はどうやらおかしい模様です。
さてさて、そんな冬の始めの(所によっては12月並みに真冬に近い)夜を真夏の用に暑くするあのイベントといえば、当ブログをご覧の方でしたらわかりますよね?
そうです…いよいよです…バーチャルミュージックフェス 「音亀フェス2016 -Passion-」の配信開始が本日となりました。
そこで、残り2時間余りに迫っている配信開始記念生放送についてご案内させていただきます。
本日、19時より音亀フェス2016の配信開始記念生放送がYouTube LiveおよびFC2ねとらじにて配信となります。
この音亀フェスは音楽好きの音楽好きによるバーチャルミュージックフェスとなっており、今年は完全なるお初の方々5組を含め、プロアマ問わず総勢17組ものアーティストが集います。
ジャンルも、スタイルも、年齢も、距離も超えて……音楽とつながりと「確かなる情熱」だけがそこにある、そんな本気の音楽フェスで、今夜は一緒に楽しもうではありませんか。
そして、私Ayakongも3年連続出演させていただきます。
なお、Ayakongは21時20分ごろからの登場予定ですが、何らかの理由により多少前後する場合がございます。予めご了承くださいませ。
本日予定しているステージ、前回のエントリーで語ったことや少し前のエントリー(前回の記事中にリンクを張ってます)で語ったこと、あれがすべてです。
今の段階でこれ以上語ることは何もありません。
ただただ無事にステージを終わらせたい、成功させたい……それだけです。
過去のAyakongステージにおいて、いいえ、ものによってはこれまでのAyakongの活動を通しても前例のない内容が含まれている、それだけに、とてつもない不安と現在も絶賛戦い中ですが、もうここまでくればやるしかありません…いいえ、やってみせます!
 さて、実際の生放送のご案内です。
是非是非、生放送を19時よりお楽しみいただきたく思っております。
歓声をあげたい方、応援メッセージなどある方、何か突っ込みを入れたい方、Twitterのハッシュタグ、#音亀フェスをつけてツイートして一緒に盛り上がりましょう!
なお、長い文章を書きたい方、そもそもTwitterのアカウントをお持ちでないという方、本編と併せて、こちらのYouTube Liveにてバックステージ放送を行っておりますので、そちらのコメント欄からご投稿いただけます。
それでは、本日夜7時に配信開始記念生放送、あるいはバックステージ放送にてお会いしましょう!
さあさあ、みんなで一緒に、Passion Passion(^o^)

音亀フェス2016@Ayakong関連情報まとめなど

 こんばんは。
今日から早くも11月、すっかり北海道は、一気に季節が冬に向かってるんじゃないかと言いたくなるような寒さになってまいりましたが、皆様のお住まいのところはいかがでしょうか?
さて、そんな凍てつく寒さを吹き飛ばすような真夏の用に暑いイベント、音亀フェス2016 -Passion-の配信開始、11月5日まで残り1週間を切りました。
そこで、今回は、会歳目前と言うことで、Ayakongステージに関連する情報をまとめています。
また、当日の配信開始記念生放送におけるAyakongの登場時間帯などについてもお知らせしていますので、最後までお見逃しなく~!
 「今年のAyakongは何をするのか?」という内容は、先日のエントリーでもあらかた書いてしまったのですが、おさらいも兼ねてもう一度、あくまで「大まかに」記載します。
大きなポイントは三つ
 ①カバー楽曲中心のプログラム構成
 ②恥さらし&大けが覚悟で歌っちゃいます!
 ③フェスのどこかのタイミングでコラボります!

特に、①と②については、過去2回のステージではやってこなかったAyakongにとっては前例のない内容となっております。
オリジナル曲のインストオンリーを貫いてきたAyakong、歌唱についてはかなりの苦手意識ゆえに断固として拒否して逃げ続けてきたAyakongが今年のフェスのテーマであるPassion(情熱)の名の下、少しでも殻を打ち破るというノルマに挑むステージとなっております。
よって、正直なことを申しますと、過去2年間とは比べようもないほど心配要素に溢れておりびくびくしているところでありますが、極力その感じを楽しめるようにがんばります。
それと、結果的に、新曲をお届けできない事態となったこと、大変申し訳なく思っていますが、また過去2年間とは別な角度からお楽しみいただけるものと自負しています。
普通に、まじめにお楽しみいただくもよし、「ああ、こいつドンスベりしてやがるなあ」と笑って見過ごしてくださるもよし、「お前何無理して下手なくせに歌なんか歌ってるんだよ、このボケェ!」と思って聴いて下さるもよしとすることにしますwwwww。
そう言いつつも、当のAyakongは、できる限りスベらないように精一杯を尽くしてまじめにがんばりますのでどうかどうか温かいご声援のほど、よろしくお願いいたしますm(__)m
そんな、良くも悪くも例年以上に何が起こるかわからないAyakongステージ、是非是非配信開始当日にこうご期待!!!
ちなみに、当日の配信開始記念生放送のタイムテーブル上、今回Ayakongは21時20分ごろからの登場となります。←過去2年間よりも1時間余り遅く登場することになりますので、お間違いのないように。
ですが、その時間帯のみならず、お時間が許せば一番最初(19:00の生放送スタート)からお聴きくださいますと、一アーティストとして嬉しく思います。
今年も、お初のアーティストさんが多数出演されていますし、その他にも主催者であるHARUさんはじめ、cueさんやAnimal c@stersの皆さん、DYさん、SASAYAMAさんといった人気どころのアーティストさん、hitonokoさんやメガネDさん、デストロイヤーズの皆さんなど注目度の高いアーティストさんもそろっていますので、最初からお聴きいただくとフェスが数倍楽しくなりますよ。
あと、個人的なことを申しますと、今挙げた方々意外に、かつて、暇つぶしラジオのアシスタントとしても活躍されていたあおいさんが現役音大生のコッシーさんと組んだユニットで、どんなパフォーマンスを繰り広げるのか、そして、今年に入ってから急成長を遂げたとあちらこちらのポッドキャスト番組で言われているゆみyumiパラダイス!さんがどのように進化を遂げて登場するのかにも注目したいところです。
なお、Ayakongは当日の生放送にも、スタートから最後まで出演予定です。
またいろいろはじけすぎてご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、どうぞ一緒に皆さんで盛り上がろうではありませんか!!
なに!?「配信開始が待ちきれなくて困ってる」ですって?
そんな皆さんに……上記「音亀フェス2016」の特設サイトにて、何と今年のオープニングステージが閃光配信されているのをご存知ですか?
もしかすると、「ああ、もう見た~(^o^)」って方も多いのではないでしょうか?
現在も絶賛配信中となっておりますので、まだ見てないそこのあなた、配信開始が待ち切れずうずうずしているそこのあなた…そう、そこのあなたですよ、 あ な た!!!
是非是非チェックしてみてくださいねぇ~(^_-)
それでは、11月5日の19時……皆様のアクセスを、そして、皆様にお会いできるのを心よりお待ちしておりまぁぁ~す(^O^)

本番まで残り1カ月♪

 こんにちは。

この1週間、今回の風邪のために、病院には絶対に行かないとがんばり続けてきたAyakongです(何)。

月曜日くらいから、周りのお客様たちに迷惑をできるだけかけまいとようやく市販の薬を飲む気になったことや進行が割とゆっくりだったこともあり、火曜日くらいまではひどくならずに済んでいましたが、

水曜日の明け方になり咳と鼻水が急速にひどくなったうえ、日中からは周囲の人から熱っぽいと言われる始末で、、職場の上司などから「病院行ったら」と言われながらも、それでも懲りずに今回は病院へ行かず頑張り続けました。

市販の薬のほか、風邪をひいてもなかなか衰えない自慢の食欲と十分な睡眠、そして最もひどかった水曜日の夜、普段よりも長めに、何度もお風呂につかり、十分体を温めた結果、木曜日から急速に回復に向かい、今に至っています。

とはいえ、風邪をひいていたのは会社では私だけではなかったらしく、上司や数名の同僚も同じように風邪に苦しめられていたご様子、そのうえ、風邪をみんなにプレゼントしていた同僚に至っては、現在もかなり咳がひどいご様子。

ということで、まだまだ油断はできません。



 さてさてさてぇー、今回ですが、そんな風邪菌さえも猛烈な勢いで吹き飛ばす告知がありますよ~!

そうです!!いよいよです!!!音亀フェス2016 -Passion-の配信開始まで残り1カ月を切りました。

そこで、今頃になってしまい大変恐縮ではありますが、今年のAyakongステージの聴きどころを大公開しちゃいまぁ~す(^^)

今回は、今年のフェスの方針の都合等により、私目のステージ時間が10分余りと限られているため、過去2回のフェスではやってこなかったことに一つでも多く体当たりで取り組んでやるぞ!の精神でステージに臨みます。

んで、その体当たりの内容とは?

その1…フェスに出演される他アーティストさんの楽曲のカバーを必ず一つ以上演奏するというノルマ、

その2…演奏楽曲のうち必ず1曲は自らが歌唱するというノルマを自らに課したのでした。

そんなわけで、昨年や一昨年とはまた違った雰囲気のステージになる予定でございます。

ちなみに、今回Ayakongが関わる演奏楽曲は3曲ありますが、うち1曲で、何と!!出演者のお一人であるメガネDさんとのコラボを行います!!!

メガネDさんは、ポッドキャスト番組、サイコー団放送などでも知られており、抜群の作詞扇子やイケボイスの呼び声も高いお方です。

そんなメガネDさんのとある楽曲を今回、勝手を承知でカバーさせていただきました。

また、これとは別に、ある方の楽曲をカバーしただけでなく、なんと歌唱までしております。

たぶん、当日は緊張してガクガクブルブルになって歌っているとは思いますが……まあそれはそれということで(爆)。

そんな感じで、過去2回一切やってこなかった(特に歌唱については断固拒否していろいろと逃げてましたが)ことにかなり力を振り絞ったため、今回は本当に申し訳ないのですが、新曲を発表するには至りませんでした。

その点では、私としても大変心苦しく感じているのですが、初出演時の1曲目でHARUさんとコラボしたのも含め、オリジナル楽曲オンリーを貫いてきた過去2年間とは違った形で、今年のステージをお楽しみいただけるものと自負しています。

なお、フェス当日が近くなりましたら、詳しい出演時間などを当ブログにてお知らせしますので、どうぞお楽しみに!

ついにあの楽曲を公開&今年も出演します!

 こんばんは。
こちら方面、暑かったり寒かったり、とにかく寒暖の差が激しく、それに体が付いていけなくなったのか、こんな時期に風邪をひいてしまったAyakongです。
10日くらいかけてようやく治ってきてますが、それでもこじらせないように気を配る必要がありそうな今日この頃であります。
何せ、久々に軽い熱発を引き起こしてしまったものですから。
さて、そんなダウンしているさなかにもお知らせしたいことがたまっていますので、今回も最新情報をお届けしたいと思います。
まず、前回のエントリーにて予告しました通り、Muzieにて、ついに、「踊り子たち」が先月末に掲載されました。
これは、楽曲提供を目的に昨年書き下ろしたもので、当初は冒頭の数10小節程度のループ素材でした。
が、昨年の音亀フェスでの反響もあり、12月にフルバージョンを製作し、瀬戸芸での一コンテンツにおけるBGMとして使用されたのを経て、このたび公開に踏み切る運びといたしました。
まだフルバージョンをお聴きになられていないという皆様、上記のように生地にリンクを張っておりますので、この機会に一度お聴きくださいませ。
 そして、もう一つお知らせです
一昨年から毎年出演させていただいております音亀フェス、なんと今年も出演が決定いたしました!
まだ完璧に、「これをやるぞ!」と断言することはできませんが、過去2年間とは違った意味で今年は体を張る予定です。
なんてったって、今年のフェスのテーマが、「PASSION」ということになってますから、今年も音楽愛とか情熱とかそういうのをステージにぶつけていきたいと思っておる所存です。
やろうとしていることがことゆえに、過去2年間以上に不安や心配事に押しつぶされそうになっているのですが、ある意味「恥を覚悟」で取り組んでいきたいと思います。
具体的なことが決まり、情報解禁できる時が訪れた際には、また当ブログでも告知いたしますので、どうぞ今年も応援のほどよろしくお願いいたしまぁ~すm(__)m
そんなわけで、いよいよ夏本番と言うところ、夏風邪や熱中症、食中毒など出てくる時期です。
風邪をひいた私が言えることではありませんが、どうぞ今後ともお体に気をつけてお過ごしください。

瀬戸内国際芸術祭2016にて楽曲が使用されました

 こんにちは。
気がつけばもう6月…これまた気がつけば、暫くブログの更新サボってしまいました。
というわけで、久々のブログ更新です。
いやですね、本当は5月中の更新を目指してたんですけどね、これまた気がつけば広告が出ているくらい更新をサボっていたようです。
さて、本日ですが、すっかり報告が遅くなってしまった事柄が一つありまして、それも、やや大きなご報告でもあったため、そちらについてのお知らせをさせていただきます。
このたび、瀬戸内国際芸術祭2016の一コンテンツBGMとして、私Ayakongの楽曲、「踊り子たち」が使用されました!!
「そんなタイトルの曲あったっけ?」
という声が聞こえてきそうな気がしますが、正体を明かすと、音亀フェス2015の「音蜜」ステージ内、冒頭で流れていたアコーディオン主体の楽曲がそれにあたります。
おそらく、フェスをすべて聴かれた方、音蜜ステージを聴かれた方であれば、ピンと来る方も多いのではないでしょうか。
具体的には、瀬戸内小えび隊という芸術祭のバックアップ組織があり、そこが瀬戸芸のイベントの一環として製作されたコンテンツで、等楽曲が使用されています。
とはいっても、イベントの規模が規模であるだけに、「どこで流れているのか」という疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。
瀬戸内海に、国立療養所大島青松園(こくりつりょうようじょおおしませいしょうえん)という島全体がハンセン病療養施設となっている場所があり、そこで放送されている院内放送の番組内コンテンツの中で流れています。
なお、コンテンツとしては、イベントの一環で製作されているものではありますが、入居者様、および関係者の方々しか入れないという療養施設の性質上、他の皆様がフリーでお聴きいただけるものではありません。
その点、大変残念ではありますが、予めご了承いただけますと幸いです。
ですが皆様、ご安心ください。
上記楽曲、近日中にMuzieに公開いたします!!!
実は、昨年の音亀フェスの際は、冒頭の一部分だけができていた状態でしたが、昨年の12月下旬にこっそり完成していたものの、諸々の事情で公開を暫く見送っていました。
そんな中、製作ご一部で反響がかなり大きかったことなども考慮し、このたび、公開へ踏み切る運びといたしました。
なお、楽曲が公開になりました際は、改めて当ブログでもお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいませ。
最後に、しつこいようですが、音亀フェス2015コンピレーションアルバムにAyakongも参加しており、4曲目に「燃え盛る大和の大地」を収録しておりますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

今更ながらコメンタリー

 おはようございます。
早朝からの更新でございます。
GWが本格的に開けましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 さて、今回ですが、一つお知らせです。
先日、5月9日に、Ayakongによる昨年の音亀フェスコメンタリーが配信されました。
「今さらかよ!」っていう突っ込みがきそうですが、まあお許しをw。
なお、今回のポッドキャストですが、本家、「音亀」では配信されない内容となっておりますので、あらかじめご了承願います。
昨年の音亀フェスステージを作り上げていくにあたって思ったこと、感じたこと、前年のフェスを受け反省し工夫したことなどなどをいろいろ語りつくしてます。
あ、GW終了2日前に、いい感じに昼酒をやらかしてから収録したというのもあり(待てこら)、ちょっとそれなりに酔っ払いモードになってしまっている部分があるかもしれません。←極度にテンションおかしかったらすみません(T_T)。
あと、Ayakong的に特に印象に残った作品についても語っているほか、最後には2012年発表の「闇を渡る道化師」が流れています。
実を申しますと、あの楽曲がきっかけで、フェス主催者のHARUさんと知り合うに至ったわけです。
そんなわけで、こちらも是非お聴きくださいね。
よろしくおねがいしまぁ~すm(__)m

音亀フェス2015コンピレーションアルバム いよいよ明日発売!!

 どうも、Ayakongです。
さて、大変長らくお待たせいたしました。
いよいよ、音亀フェス2015コンピレーションアルバムの発売開始が明日に迫っております。
そこで、今回は言うまでもなく、発売直前の情報をいろいろお伝えしていきますので、最後までどうぞお見逃しなく!!
今回のアルバム、全16曲を収録した大ボリューム、何と昨年よりも収録曲が増えております。
また、今回もiTunesやアマゾンミュージック等、各種配信ストアにてご購入いただけます。
全16曲、収録内容約80分のこの内容で、お値段なぁ~んと1200円!!
話題になった曲、注目された曲が多数収録されていますよ~!
ちなみに、Ayakong的に印象に残った楽曲、いくつかありまして、たとえば、Animal c@stersの「瞬間イリュージョン」とか、DYさんが作詞作曲を手掛け、彼のポッドキャストではすっかりおなじみのChopper.jpさんがボーカルを務める「Scowl mind」
フェス当日は、Animal c@stersの楽曲として演奏された「弱虫バラード」を編曲者ご本人であるピアノマンさんが歌唱したもの、初開催だった2013で話題になり、2015で堂々帰ってきたDanさんの「サイバイマン」、
ふもさんのセカンドソロ曲、「emerald」などなど、これでもまだ挙げればきりがありません。
思わず、「全部印象に残った」と言いたくなってしまう内容です。
また、以前にもお伝えしましたが、このコンピレーションアルバム、音系の同人即売会、M3の「音亀フェス」ブースでもディスク版として発売されます。
なんとこちらのブースでお買い上げいただきますと、1000円にて販売されるため、200円ほどお得です!
更に更に!!
M3ブースでは、既に販売が終了した音亀フェス2014コンピレーションアルバムも手に入れることができるまたとないチャンスもご用意されております。
こちらのアルバムにも、Ayakong、参加させていただきまして、あの楽曲をピアノアレンジしたものや伝説の楽曲?「ドーパミンボンバー」をHARUさんがアレンジしたものが収録されています。
その他、当時のフェスにて話題になった多数の作品が収録されており、こちらも

何とお値段1000円
にてこの日限り発売されます。
なお、開催日程は下記の通りです。

 日時: 4月24日(日)11-00~15-30
 開催場所: 東京流通センター(TRC)第一展示場、第二展示場
☆ 当日のご来場には、入場料(カタログ購入含む、前売り\1080、当日\1000)が必須となりますので、十分ご注意くださいませ。
また、音亀フェスブースの場所ですが、第二展示場1階、い-03bとなっております。

 あ、そうそう、大切なことがもう一つ!!
当日は、過去3回の音亀フェスの模様を丸ごと収録したDVDがなななんと!!無料!!!で頒布されます。
音亀フェスについて、少しでも興味がある方、リスナーや出演者という形で過去に参加されたことのある方、そして、HARUさん、ふもさん、音亀ファンの皆様、是非この機会に、お近くの方、M3を目当てに旅行中の方、「音亀フェス」ブースにお立ち寄りください。
なお、当日、音亀フェス、あるいは出演者に関連する番組を聴いた…とHARUさんにお伝えいただきますと……
どうやら、すんばらしい特典があるそうですよ。
というわけで、当日、訪れた皆様に、幸運とハッピーが訪れますことをAyakongも一出演者だったものとして、そして、一リスナーとして、遠くから祈っております。
プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。