FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の音楽活動をマッタリと振り返ってみる

 こんにちは。
さて、今年も残すところあと1日になってしまいましたね。
なんだか早いなとか思って見たり…。
さて、ここでは今年の、とりわけ音楽活動を中心にいろいろと振り返っていきます。
これ、日常にも言えることだったりしますが、今年の音楽活動を漢字一文字で表すとしたら、やはり、「再」ですかねぇ。
昨年は、リアルの方でいろいろと落ち着かず、ほとんど活動という活動が出来ずに終わってしまって不完全燃焼の1年だったこともあり、今年はなんとしても音楽活動の場に戻れるようにだけはしたい…そう思って1年のスタートを切った気がします。
まず、今年は、島村楽器主催の録れコン2014にこっそり応募したところから始まりましたが、まだこのころは活動を再開する態勢には、入っていないようなものでした。
しかし、それから約2ヶ月後、全国の受賞作品が発表されるも、やはり自分の曲は入っておらず…まあ当然だよなぁ…と思った矢先のこと、
最終審査会にAyakongさんの楽曲がノミネートされていましたという連絡が応募したお店から入ってびっくり!
これは、上で述べた全国での受賞作品を選ぶために行われる選考で、約60~70曲程度が選ばれるものですが、どうやらそこには残ったとのこと。
合わせて、翌月中旬になり、今度は応募した店舗内における最優秀賞にもなぜか選ばれたらしく、表彰式に出席してきました。
「プロの人に自分の楽曲を客観的に評価してもらいたい」(つまり、アドバイスコメントが目当てみたいなもの)…そんな軽いノリで応募しただけだったんですが、最終的にはこのような状況に発展しコンテストは終わりました。
自分はまだまだだなと思い知らされた反面、全体の応募総数が2000を超えていた状況を後で知り、そこそこやったんだなとも思いました。
ちなみに、来年挑戦するかはまだわかりませんというか、おそらく厳しいかもです。
理由は、下記に挙げるファーストアルバム関連で、コンテストが行われている時期はそちらにかかりきりになる可能性が非常に高いためです。
その後は、7月を境に11月に行われた音亀フェス2014というポッドキャストを使ったバーチャル音楽フェスに向けての準備期間となり、ここからいよいよ活動を再開する態勢に徐々に入って行きました。
まあもっとも、5月上旬にオファーをいただいていたんですが、まだ活動再開に向けて、気持ちが上昇しきっていませんでした。
それでも、7~8月を中心にそのフェスに向けてちゃくちゃくと準備を進めていました。
これがある程度一段落と思いきや、9月以降は急な楽曲製作が入ったり、いよいよファーストアルバムのリリースに関する検討を始めたりした時期でした。
なぜ突然、今回のアルバムリリースという考えに行きついたのかは、そのうちどこかのタイミングで明かしたいなとは思ってます。
そして迎えた11月2日、音亀フェス2014の配信がスタートした当日でした。
配信開始当日に行われた生放送、リアルとの兼ね合いで間に合うのかどうか少々怪しかったといううらもありましたが、なんとか参加で来てよかった。
他の出演者の方々との出会いやら、久々の再会だった方やらいろんな方がおりまして、最高の夜を過ごさせていただきました。
そして、生放送やポッドキャストをお聴きくださったみなさん、本当にありがとうございました。
久々の公の場という位置づけもあったので、確かに緊張はしておりましたが、他の出演者の演奏を聴いたりする中で、自分に足りない部分が見えてきたり、新たな引き出しを作るきっかけになったりと、大変よい経験になりました。
これを次回出演することがあった際に、今年の内容を糧にして、必ず何かの形で生かしていきたいと考えています。
これが終わると、いよいよファーストアルバムの製作発表と、関連企画の立ち上げのために一喜一憂する日々が始まりました。
あ、その前にこちらにてHPを再会したりもしました。
とにかく、必死に突っ走っていた記憶だけが鮮明に残っております。
特に、暇つぶしラジオ出演までの最後の10日余りは、なぜか仕事の方もいろいろなことがあり、気がつけば死に物狂いになっていました。
そんな中、予定通りアルバム製作発表と、投票企画の立ち上げが完了したわけです。
こうして、Ayakongとしての活動開始から5周年を迎えた今年1年が終わろうとしています。
しかし、現状まだ油断はできません。
来年の中旬から始まる次の投票企画の立ち上げ準備が待っていますし、それが終われば、いよいよメインとなる音源編集やらなんやらの作業が待ち受けています。
というわけで、来年の音楽活動はほぼアルバムリリース関連のことがメインとなって過ぎていく予定になりそうです。
とはいえ、取り組めることには体に無理を書けない範囲で取り組んでいきたいとも考えています。
来年は、どんな出会いが待っているのか?どんな展開が待っているのか?
正直、私自身もわかりませんが、ともかく、一つの大きな目標がある以上そちらに向けて突っ走っていこうと思います。
今年も、こんなつたない私にお付き合いくださった方々、いろいろと活動に当たり、手を差し伸べてくださった方々、本当にありがとうございました。
そして、大変お世話になりました。
皆さんの応援とお力添えで、なんとかこりずに活動を続けてこられたことを今年は例年になく強く感じた1年でした。
来年も、どうか変わらずご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
それでは皆さん、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

ダイナミックマイクを買っちゃった話

 こんばんは。

本日をもちまして、本職の方は正式に今年の仕事納めを迎えることになりました。

最後、数日前に発覚したやらかし(Excelいじってて、何をやらかしたのか、書式の頸腺がすべて抜けてしまった事件)により、その修復作業をすべく、頻繁にエラーが出たり固まったり、動作が止まってくれたりと何かと厄介なExcel2013との戦いを強いられる羽目になりながらもなんとか修復させてまいりました。

んで、それはぶっちゃけどうでもいいわけです(待て)。

今日の本題はというと、文字通りタイトルに書いた話しをつらつらと気の向くまま書いていくのがメインなんです。

さかのぼること今月の頭、私はAT2005USBというAUDIO TECHNICA製のダイナミックマイクを購入しちゃったわけです。

これは、USB接続型のマイクで、Skypeなどする時のコンデンサーマイクとして使えるだけでなく、通常のオーディオジャックやらXLRケーブルのジャックやらまあまあいろいろついてまして、Skypeなどで使うだけではあまりにももったいなさ過ぎる感じで、既に音楽活動の場で何かの形で生かしたいと考え始めている自分がそこにいます。

んで、なぜいまさらになってこういうのを手にしようと思ったかといいますと、

確かに5年近く使ってた前のSkype用の安っちい(いい型悪いですねごめんなさい)コンデンサーマイクがボロくなってきたり古くなってきたりしている等、まあまあいろいろと問題だらけだったという背景もそこにはありました。

しかし、それまで私の場合、SkypeでしかPCでマイクを使うことがなかったこともあって、またこれまでもそんなにマイクの必要性を感じた作曲の場面というものがなかったために、「たかがマイクごときでそんな高い金は出したくないしそんな勇気は今の私にはない」と気張っていたのも事実でした。←多くは言えませんが、裏で何気に生活が苦しい状況に冒されているのも事実ですし、そもそも、今に至るまで、そこまで自分の場合、マイクの必要性は感じてなかったりしてました。

…とか言っておきながら、いつか今自分が使っているシンセのボコーダーちゃんで遊びたいなんていう衝動にも駆られており、確かに揺れてもいました。

が、そもそも考えを変えるきっかけになったのがそれこそ今回のファーストアルバムの製作を決断したことにありました。

ある程度資金が必要というリスクを覚悟しつつ、シンセとかハード音源とか買い足さないにしても、周辺の機材を強化することを何かしら考えたいと思っていた時に、上のマイクの存在をとある親しい仲間から知ることになったわけです。

んで、実際にまずはSkypeなり、フリーのカラオケソフトなりでそのマイクを使ってしばらく遊んでいたんですが、そんなことをしているうちに、「作詞作曲と歌をすべて自分でやれたら」みたいな衝動に駆られ始め、気がつけば、昨日の夕方になって、2010年までに発表された歌謡曲の歌詞がそれはもう、いいぃぃぃぃぃぃぃーっぱい書いてある本を読み始めるところまでのめり込む事態に陥りました。←おまえいったい何がやりたいんだよマジで。

まして、私はもう何年も前から、「歌は得意じゃないし苦手だ」と、周囲に豪語しつづけている人間であるはずです。

それなのに…ほんとそれなのに…いつか歌をやりたいという考えになってしまったという状況、ある意味いっちゃってますね、これ。

まあ、本当に何かの誤りで歌を歌ってしまうその時が来るのかはわかりませんが、幅広く、何より長く使っていきたいと思ってます。

あと、今後もアルバムの製作に向けて、必要と思った設備投資は、出来る限りしていこうとたくらんでいます。

んでは、また。

慌ただしかった日常をマッタリと振り返る



 こんにちは。

ここ1カ月ほどファーストアルバム関連の件で何かとあわただしくなっていたAyakongでーす。

いやね、ぶっちゃけそれだけならまだいいんですよ、本当。

仕事も仕事で、約10日くらい前にやってきた嵐が原因で、職場へ行くも、今日性帰宅命令が出たり、そうかと思えば、次の日にはとあるパート職員が朝っぱらから上司とあまりにもくだらないもめ事を起こして、それを引き金に大変なことをやらかしてくれるなんていう事件まで発生したりして、「もう勘弁しておくれ!こちらの身にもなってくれ!」ってことまで起きてるわけです。

同時に、自分は、他の職員の足を引っ張ってないだろうかと一抹の不安を覚えたりもしました。

とはいえ、アルバム製作発表の準備が大詰めを迎えていたこともあり、一昨晩のヒマラジの放送と、投票企画の開始を宣言できる状態になるまでは、仕事もプライベートも死に物狂いになってました。←このころは、なんだかちょっとした物から若干致命的なものまで、私自身もやらかしを頻発する事態になっておりましたし。

そんなわけで、今年のクリスマス時期は、例年になく慌ただしかったという点で、クルシミマスになってましたw。

とはいえ、アルバム関係の企画を無事に立ち上げ、仕事も一昨日でひとまずおしまいということになり、明日大掃除と書類整理に午前中行けば、正式に仕事納めということになります。

ただ、一番上の立場の上司が入院する事態になって、忘年会が中止になるって言う残念なこともあったりしましたが、その分、新年会になるようなのでそれを楽しみに待ちたいところです。

しかし、あまりカラオケは参加する気になれないなあ…などとつぶやいてみる(待て)。

あのですね、気の合う仲間とカラオケは全然いいんですけど、家族とかそんなに親しくない人が相手だと、聴いて盛り上げる役に回りたいと思うわけですね。←聴いたり曲作ったりするのは好きな癖にねぇww、いやぁ、困ったな。

何気に他にも書きたいことあるんですけど、ひとまず今日はこの辺で。

投票企画@Best of Ayakong's Song2015スタートしました!

 こんばんは。



なんだか少々体が壊れそうで、まだまだ寝ていられそうなAyakongです。



まあ、何でこんな状況になっているかはまたおいおい書いていくことにして、本日もファーストアルバム関連の重要なお知らせがあり、ブログを更新している次第です。



まずは、昨晩の暇つぶしラジオ、あるいは番組内暇つぶしラウンジをお聴きいただいた皆様、どうもありがとうございました。



前半しゃべった内容については、24日に大方このブログに記載してしまいましたので、いまさら説明するまでもないかもしれません。



が、重要なのはここからで、タイトルにも記載した、
Best of Ayakong's Song2015
という応援してくださっている皆様にぜひご協力いただきたい投票企画が始まる旨のお知らせもしております。



この企画は、2月頭までの約1ヶ月半、ヒマラジ部門と、一般部門の2部門に分けて進行していくもので、現在、前者で挙げたヒマラジ部門の投票を絶賛受付中となっています。



ちなみに、ヒマラジ部門は、一昨年から楽曲提供を開始しているネットラジオ、暇つぶしラジオにて、現在使用されているAyakong製作の楽曲を対象とした部門です。



一方、一般部門は、以前やっていたHPにアップしていた、あるいはMuzieへアップしている楽曲など、これまで公の場に公開してきたヒマラジ以外の楽曲を対象とした部門です。

 さて、投票方法ですが、こちらの特設サイトにある、
ヒマラジ部門投票ページ
というリンクがありますので、そちらから入り、注意事項などをよくご確認のうえ、投票してくださいませ。

なお、「いきなりそんなこと言われても、どれがどの曲かわからないよ」とか、「は?ヒマラジ?なにそれ、おいしいの?っつうか聞いたことねぇぞ」などという方にもある程度聴いてどんな楽曲かが分かるように、楽曲サンプルを投票ページ内にご用意いたしました。

今回の楽曲サンプルですが、昨晩放送された暇つぶしラウンジの模様をそのままアップしており、そこでどんな楽曲があるのか、1曲1曲解説付きで紹介している場面がありますので、ぜひそちらをご利用ください。

もちろん、放送を聴き逃してしまった方も、もう一度じっくり聴きたいという方も、大歓迎です。



また、こちらの暇つぶしラジオポッドキャストページからもお聴きいただけます。



ぜひ、皆さまからのたくさんのご意見をお聞かせください。お待ちしております



「暇つぶしラジオ」出演のお知らせ

 こんばんは。

こちらでは、急ではございますが、この後22時からの暇つぶしラジオにゲスト出演します。

そこで、ファーストアルバムの件について、いろいろと語る予定です。

また、番組終了後から始まる企画に関するご案内もいたします。

なお、今回は22時15分ごろより出演予定となっております。
どうぞお楽しみに。

情報解禁@今後に関するビッグなお知らせ

 いつもAyakongを応援してくださっている皆様、日頃より音楽活動を支えてくださっている皆様、、どうもありがとうございます。
突然で強縮ですが、私Ayakongは、このたび、待望のファーストアルバムのリリースを行いますことをここにご報告させていただきます。
なお、今回の作品は実際に有料にて発表を行ううえ、2015年中、遅くとも2016年の初めごろまでのリリースを目指して製作を進める予定です。
今回、上記の内容を決断した経緯として、主に二つのことがあります。
第一に、より多くの方々に自分の楽曲を聴いてもらえる場を作っていきたいという思いがあること、
そして第二に、今まで以上の更なるステップアップのため、限界まで自分に挑戦してみたいとの思いがあることの二つです。
また、有料での発表以外の大きな特徴として、おおよそ全体の半数近い楽曲が皆さまからの投票によって決まること現在暇つぶしラジオにて実際に使用していただいているBGMの中から、一部楽曲を収録予定であること等があります。
その他、未発表曲の収録なども予定しております。
なお、今回のアルバム製作に当たり、こちらの特設サイトをメインの情報発信の場としていきますが、等ブログやTwitterなどでも随時最新情報をお知らせしてまいります。。
また、早速ですが今月26日の夜より、実際に皆様にご参加いただきたい企画が始まります。
その企画の告知や今回のアルバムリリースの件などを語るべく、企画開始当日に当たる明後日の22時より放送される暇つぶしラジオ(ヒマラジ)のゲストコーナー、「暇つぶしラウンジ」に出演いたします。
※ 放送当日に、改めてお知らせいたします。
 さて、最後になりましたが、アルバム全体を通して、広く皆様に楽しんでいただける作品になるよう、また何より、購入して良かったと心から思っていただける作品になるよう、全力で製作に取り組んでまいりますので、今後とも応援のほど、よろしくお願いいたします。

予告

 こんばんは。
突然本題に入りますが、このクリスマスイブの12月24日、Ayakongから皆さまにプレゼントを贈ります♡
なななんと!来年予定している音楽活動について早くも一つ情報を解禁しちゃいます。
そして、この時発表する内容に関しては、大変重要なお知らせともなっています
詳細につきましては、24日の朝に、当ブログ、またはホームページにて発表を行います。
また、こちらのTwitterでも随時予告してまいります。
それでは、24日のクリスマスイブの日をどうぞお楽しみに!

『牡蠣とあさりとほっきを食す!』の巻

 なんだか、ちびまる子ちゃんとかである感じのタイトルになってしまいましたが、なにはともあれ本日二度目の登場です。
つい先ほどまで、昨日無事に届いた貝類3種類を食していましたので、ちょっとその様子でも連ねてみるとします。
改めてになりますが、今回食べたのは、某所の牡蠣、あさり、ほっきの3種類で、ほっきを生でいただいた以外はすべて蒸すことになりました、結局w。
蒸した牡蠣の貝殻を開くと、それはそれは牡蠣の汁がたっぷり♪
身自体も、某所のレストランやら直売所やら居酒屋でいただくもの並みの大きいものでした。
っつうか、今年だけでもう何回牡蠣を食べたか憶えてないくらいの回数食べてます。←例年と比べると明らかに多いです(例年なら年に1回から2回食べられるかというレベルです)。
それから、あさりは水炊きっぽくしたいという妹の意見が通った形になりましたとさ(爆)。
あさりの炊き込みご飯と化したら、超おいしいんだろうなあとか考えていたのですが、他の人にそんな考えがなかった模様です(爆)。
まあ、後跡になって、酒蒸しにすればよかったと思ったりもしまして、まあでも、麺つゆにつけながらいただいてもなかなかよかったです。
が、何を隠そう、やはり
生ほっき万歳
でしたねw。
身が柔らかいだけじゃなく、海の塩気がいい感じに染みていて、ちょっと醤油かけただけだったんですが、それでもぜんぜんOKでした。
しかし、でかいハマグリみたいだと思いながら触っている時には気づかなかったのですが、どうやら、生きたままの状態で送られてきていたらしく、実際に貝殻を開くまではご健在でした。
貝柱をはずそうと思った際にほっきに指をかまれそうになったようだと知ったのがそれを物語っていました。
まあそれもそのはず、生きのいいピッチピチのほっきちゃんでしたし。
全体を通して、味はどれもこれも最高でした。
ただ、明日牡蠣とほっきで食あたり起こして仕事いけなくなっちゃったとか言う事態だけは避けたいものです。←あ、でも牡蠣は火を通してるから、多少なりともリスクは少ないかもしれないか。
やっぱり、簡単にプレゼントに当たらないのが大前提とはいえ、応募しないと当たらないもんですね。
そういえば、過去にラジオ番組でステッカーやらクリアファイル何かを当てたことはありますが、食べ物関係は今回が初めてかもしれないことに、いまさらながら気がつきました。
以前、高校時代の友人がかりんとうとか炭酸飲料を当てたことがあった際に、少しもらったことがありましたが、自分で食べ物当てたことは今までありませんでした。
それはそうと、これが当選したためか、その後応募したエビやらカズノコやらスモークサーモンやらは見事に外れました(爆)。
でも、何でも応募しないと始まらないですもんね。
また機会があったらどんどん気軽に挑戦してみようかなと思ってます。

録れコン2015

 今朝、
もうじきこのコンテストの開催が告知されてくる時期だろうな
なんて思って検索かけたら、出てました、はい。

というわけでこんにちは。

なんとなく湧いて降って出たかのように思いたったので、今回は思い入れのあるコンテストの一つ、録れコン(島村楽器主催)について、思いのまま書き連ねてみようと思います。

んで、約2週間くらい前に検索をかけたらまだ出ておらず、「あれ?」って思ったのもつかの間、再び上記のとおり今朝検索かけたら、確かにありました。

どうやら、今月頭から募集を開始したらしく、前回検索した時にはまだそういう状態にはなってなかったようで、なるほどと思った私。

そんでもって、突然今日になってこれを取り上げたのは、何を隠そう、私も今年、このコンテストに挑戦したためであります。

2年くらい前から、いつか挑戦してみたいという思いがありつつも、なかなかそこに踏み切れずにいました。←ちょうど、音楽活動以外のリアルが大変だったというか、かなりヤミヤミした状態だったり、ある年に至っては、そもそも音楽活動どころではない状況が押し寄せていたこともありますがね。

んで、今年になってようやく挑戦にこぎつけることが出来たわけです。

…といっても、当時の私は、まだ完全に曲作りに復帰できていたわけではなかったため、過去作の中で特に自信のあった作品を投下したのですが、全国的な受賞にこそ至らなかったものの、なんとか最終選考まで残ることが出来てしまったようです。

ただ、グランプリやら各賞に該当した方々の作品を聴くと、自分はまだまだだなって思うわけですが、応募作品が2000を超えている中で60~70くらいの楽曲数ある最終選考の楽曲に残ったというのは、まあまあだったのかな?と思う面もあります。←慢心を起こしているつもりはないと自分に言い聞かせていますが、はてさて…。

それに、応募してくる方の中には、ガチでプロを目指すことに向けて突っ走っているような方も結構いたりするわけで、これがなかなか良い刺激になるわけです。

っていうか、いわばセミプロ状態の方も、音楽初心者という方も、私のようにそもそもプロ目指すのか、あるいはこのままいくのか定まりきらないような人間などもおそらくいたことでしょう(爆)。

ちなみに、全国における受賞作品に選ばれると、副賞としてスピーカーやらマイクやら楽器などが何かしら進呈されるというおいしい特典もあったりします。

まあそれはともかく、話を元に戻しますが、私は、応募した店舗内における全応募者から選ばれる最優秀賞にもなぜか選ばれてしまい、その記念品をまだ開けずに、何かのためにとっておいている自分がいます(もちろん、表彰状も大切に保管しております(^^))。

ちなみに、今年グランプリを獲得されたコウケツトモヒデさんという方も、どうやらプロを目指していらっしゃる方で、名古屋などを中心に幅広く音楽活動を展開されているという方なんだそうな。

彼の楽曲をあちこちで試聴したり、グランプリを受賞された楽曲のリプロダクション(プロの手によってアレンジやらミックスやらが施されるという録れコンのグランプリ受賞者だけに与えられる権利)の様子なんかも見たりする機会がありましたが、曲の完成度もさることながら、さわやか系というか、ファンキーな感じのよく似合うイケボイスを持ってるなっていう印象を受けたのです。

やはり、まだ知らない音楽に触れたりすると、それが良い音楽であればある程刺激になるなと痛感した瞬間でもありました。

ちなみに、録れコンについていろいろくわしく知りたい方は、島村楽器 録れコンなどと検索窓に入れて検索してみてくださいね♪

ちなみに、今回ですが参加するかどうかは正直わかりません。

理由は簡単で、今後の音楽活動に向け、予算との兼ね合いを考慮しなくてはならない事態となっているためで、現状ではやや厳しいかなと…実際のところはまだわかりませんけどね。

そんなわけで、今日のところはこのあたりで・・。

ついにきたぞ(^_^)v

 こんにちこんばんは(笑)。
突然ですが、前回のエントリーでラジオで応募したプレゼントが当選しちゃった事件が発生したことを書きましたが、その際、同姓同名の可能性もあるということにも触れたりしました。
なかなかお品物が届かずに、いちもくの不安を覚えたものですが、昨日になり状況が一変、
正真正銘自分のものでした。

昨日の日中に不在通知が入っていたようだということで気づいたわけで、無事に今日の午前中受け取れました。
んで、いずれかはラジオにお礼状のメールでも出そうかと画策中。
のはいいんですが、ほっきの貝殻って、あくまで触った感じが超でかいハマグリみたいだと思ったんですよね。
ちなみに、やはり牡蠣とかは蒸して食べることになりそうです(それが一番無難だとも思いますし)。
また、それとは別に少し前に買うことを決めたとっておきのお品物も到着してあわただしい午前中でございました。←こちらは、食べ物とはなんら関係はないわけでして。
そんなわけで、今日はこの辺で。
え?「書こうと思ったとか言ってた詳細な自己紹介はどうなったんだ、ごるあ?」ですか?
いんやねぇ、今回各つもりでいたんですがね、ちょっと前にエントリーを投下しようとした際に書いてた文章を送ろうとした時に、
IE様の機嫌が終わるくなってエラー吐きだしてくれて、挙句の果てに動作も止まってしまった
という事態になりましてね。
それに、あのときのような熱のこもった?文面を今のテンションで書けるような気がしないのでございます。
なので、いずれこのブログの中でマッタリ少しずつでも明かしていこうと思います。
すみませんが、皆さまそれでよろしいでしょうかね(笑)。
プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。