スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重大発表@コミュニティFMの市民パーソナリティーさんへ楽曲を提供いたしました!

 こんにちは。

あと1週間足らずで7月、いよいよ今年も半年が終わろうとしていますが、そんな折皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、いきなり本題へいこうと思いますが、このたび、FM釧路さんにて市民パーソナリティーとして活躍されている「みきりん」さんへ楽曲を提供させていただきました!!!

また、一昨日多くのお客様やラジオ局関係者様方が観覧された中行われた単独ライブにて初お披露目となったわけですが、この楽曲の演奏部分の模様が来月末にも彼女の番組内で放送される見込みとなるようです!

なお、放送につきましては、また近くなりまして詳細が決まりました際に、追ってお知らせしたいと考えています。



 ところで、今回製作した楽曲、曲名は、「青空の向こう」といいまして、製作開始から足掛け1年、ようやくお披露目までこぎつけるに至りました。

曲については、メロディーのみみきりんに担当していただき、その基本的な手直し、およびその他すべての作編曲は私目が行っており、昨年7月か8月ごろには骨組みが完成し、細かく詰めていき、ここに至るまでどんどん改良を重ねていきました。

ちなみに、この1年余りでわたくし目のPC環境が変わったり、その勢いもあってとあるDAWソフトを多少なりとも自分で触れるようになったこと、その他もろもろの事情(?)もあって、今後もさらなる改良を行っていく予定です。

また、今回はついに重たい重たい腰を上げて(?)10数年ぶりに作詞にも挑戦したわけですが、歌詞が思いつかず「ど素人×100」というのもあってか、何か月も難儀していたのですが、4月になり、歌詞の一部が奇跡的に思いついたところからたたき台がモノの4時間余りで完成し、そこから事態は大きく動いていきました。

大きく分けて、2,3回程度、みきりん親子の添削を受けて修正を繰り返し、なかなかうまいこと、彼女の思いがぎっしりと詰まった1曲に仕上がったと自負しております。

かくいう私も、数年前、今でも思い出すと具合が悪くなったり、仕事しながら何の前触れもなく突然としてメラメラになった怒りを必死に抑えようと耐えて何でもないふりをしてみたり、ひどいと、あってはならないいらぬ衝動に駆られてしまうようなことがあったりして、

フレーズをメロディーに合わせてどうにかポンポンと並べていきながら、「ああ、きっと彼女はこういう気持ちだったんだろうなあ」とか、「おそらく、何倍、何10倍、何100倍も私以上につらい思いをしてたんだろうなあ」とか、

「なかなか他人から理解されにくい類の苦しみって、共有できる人がそう簡単にいるわけじゃないだけにほかの誰でもない、本人が一番苦しかっただろうし、それを一人で背負うだなんて並大抵じゃないよなあ、私が同じ立場だったら絶対無理だよなあ」なんていうのがこう、何となく彼女と接するうちに感じられるようになって、そうした中の一部については数年前の自分と重なる部分もありました。

そこで、何とか彼女が歌っていてつらくなったりしないよう、私も言葉を選びながら意識して書いていったつもりでしたが、実際に終わって転作に入ると、やはり作詞については私はまだまだ最底辺そのものであることを身をもって感じた次第です(汗)。

やっぱりね、経験があると私が思いつかないような表現なんかがふっと出てくるんですね…本当頭が下がります。

こうして、転作した歌詞を一度見直して、「そうか、そういう表現があったか」と気づいていったという具合で、経験の差というのも痛感した私でした。

これで、今回のことを糧に、現状「ど素人×100」が95くらいまでに下がっているといいんですが…たぶん、まだまだ100のままでしょう、ちょっと上がっても99か98に届いてるかどうか…といったところでしょう(爆)。

まあ、その分だけよい勉強にはなりましたよね。


 そんなこんなで迎えた一昨日、この曲の初お披露目となった彼女の単独ライブに招待を受け行ってまいりました。

実は、昨年秋の単独ライブ時にも招待を受けていたのですが、、なんとあいにく風邪をひいてしまったために三選を取りやめてしまったことがあり、「今回ばかりは…」という思いで足を延ばしました。

曲の本体も彼女の歌も、まだまだ十分に詰めていく余地があるなと思いましたが、実質1か月余りの練習でよくやってくれたなとただただ感謝しきりでした。

ライブ自体はというと、彼女のテンションはもとより、なんと東京からとんでもない方がいらしてたり、最後の最後で「これは実はネタじゃないか?」と思うような大変面白い事態が発生してみたりと、いろいろぶっ飛んでいて、なかなかに楽しめました。

かれこれ1年ちょっと前から彼女には縁あって、シンセの操作や曲作りの一工夫など、定期的にアドバイスをさせていただいているのですが、その中でのこと、ライブ中の様子など、この1年数か月かかわってきた中で、まだまだ課題は山のようにあると改めて感じた一方、

弾き語りをそうとうに練習してたのが伝わってきましたし、「よくもまあ歌うにはなかなかハードなものを持ってきたなあ」と思う場面もあったりでした。

特に、弾き語りでは竹内まりやさんの「元気を出して」と、杉田かおるさんの「鳥の詩」は、なかなかの出来だったんじゃないかと思っているところですし、その他普段から歌いなれているものについては、やはり安定感抜群だったなと思っています。

おそらく、彼女が今の私と同じくらいの年齢になった時に、これから出会う人たちや環境によっては、今の私を軽々と超えてくる存在になるんだろうなあ…そう感じていますし、寧ろそうなってほしいとも願っています。

是非とも、これからの活躍にも期待したいところです。



 最後になりましたが、関係者の皆様、観覧にいらしてくださいました皆様に、私からもこの場をお借りして心よりお礼申し上げますとともに、新曲の製作に当たり、力を貸してくださいました方々にも、深くお礼申し上げます。ありがとうございました。

スポンサーサイト

最近のあれこれその2 ~カレーなる悲劇~



 【本題に入る前に】
昨日、大分県で最大震度5強の地震がありましたが、震源地、並びにその周辺にお住いの皆さん、ご無事でいらっしゃいますでしょうか?
今後1週間余りは余震に注意が必要とのこと、これ以上余震が起こらないこと、これ以上大きな被害にならないことをただただ願うばかりです。

 さて、本日のまじめな話はここまで。
というわけでどうもどうも、ご挨拶が遅れましたが、ここ2,3週間くらい何かと乱れがちな人間が通りますよ~(笑い)。
いやね、ほんと特に先週あたりいろいろあったもので、かなり乱れてしまってたわけでして、そのうちの一つについて、実は時期を見てブログに書かないとならない内容でもあったりしましてねえ…ほんと、いやになっちゃいますよ。
んで、そんな私が本日は、2週間ほど前にとあるカレーを食べてえらい目にあったお話でもしてみようと思います。
どうか下記のネタを読んで、お願いですからこんな私を笑ってやってくださいな(え)。
やらかしネタの部類に入るので、面白い人には面白いと思います…たぶんね。

 ちょうど2週間前の夕食に私は、こんな激辛カレーを食べてしまいました。
これ、4月ごろに妹がとあるお店で見つけたらしく、どれくらい辛いんだろうと気になっていた私にプレゼントしてくれました。
一昨年くらいに、カップ麺の食レポをやった時の記事をご覧になったことのある方であればお分かりかとは思いますが、私Ayakongは、「激辛い食べ物大好き人間」でもあり、特に激辛カレーや激辛ラーメンが売りのお店を見つけると、どれくらい辛いんだろうと興味津々になって飛びついてしまう衝動にたびたび駆られます。
ちなみに、激辛い食べ物が好きな人を何人か私の周りで知っていますが、私の知っている彼らの大半は、甘いものが苦手だったり、そもそも食べられなかったり…なんていう方だったりしますが、私はばっちりスイーツも大好きですよ。
まあ、甘いものが食べられないという激辛好きの方々は、もはや私の上をはるか上空まで行っている方々で、さすがに私もそこまでは…と思ってます。
そんなこともあって、その後何が起こるとも知らず警戒心の欠如していた私は、「どれくらい辛くておいしいものなのか」とわくわくしながら封を切っていました。
そう…現に、自分の食べようとしているもの以上に辛いレベルのものもあるし、きっとなんだかんだで耐えられるレベルだろうと軽い気持ちで考えてかかっていったのですが、これが後々に悲劇を生むことになったのでした。
最初、一口入れたときには、「うわぁ、入れた瞬間から辛いとはなかなかやるな。これはなかなかやばい辛さだぞ」と思っていたのもつかの間、食べ進めるとそれはもうどうしようもないくらい苦しくなっていきました。
次第に、口に運ぶのもつらくなり、何杯もお茶を飲んでいる自分が気づけばそこに!
そればかりか、食べるペースまでゆっくりに!
「痛辛(いたから)」という名前が示す通り、辛い食べ物に自信があったはずの私でさえ痛さを感じる事態、結局、普段10分以内~15分余りで食事を済ませてしまう私にしては珍しいことに、食べ終わるまで30分余りかかってしまいました。
さすがは、「18歳未満は食べるの禁止」と謳っているだけのことはあります。
「そんなにかかって食べるくらいなら残せばよかったのに」という声が聞こえてきそうですが、なんていうかこう、私のプライドが許さなかったんですよね。
ぶっちゃけた話、今回ばかりは何度も途中でリタイアしようか迷い、そんな自分との戦いも繰り広げておりました、それなのに結局全部食べ切ってしまいました(待て)。
少々汚い話になりますが、何かしら激辛いものを食べた後は、必ずと言っていいほど、トイレに駆け込んでお尻が痛くなって…というのをあらかた覚悟するんですが、今回ばかりはそんなことでは到底済まされなかったのです。
食べて翌日の午前中あたりからでしょうか…徐々に腹痛が襲ってきまして、午後になりそれがピークに達し、それはもう仕事中しんどいったらなかったです(泣)。
最終的に、夕食後胃薬のお世話になり、痛み自体は治まったのですが、全身に力を入れた際の違和感、ずきずき感は、なんとさらにその翌日午前中まで続くことになり、完全に何事もなくなったのは、あのカレーを食して2日後の日中のことでしたとさ。やれやれ。
今だから「やれやれ」だなんて言ってられますが、食べて2日後の午前中は、なんと冷や汗書きながら施術や機能訓練に当たる事態になってしまい、申し訳ないというか、やってしまった感がひどく残ったものでした。
え?「味はどうだったんだ?」ですか?
確かに、カレーの味はしましたし、決してまずいとも思わなかったうえ、開けた途端強烈な香りがするのかと思ったら、意外とそうでもなくて、見た目も普通なんだそうな。
…なんですが、強烈な唐辛子のパワーがお話にならないくらい勝っていて、カレーというより、「唐辛子味の何か」を食べているという感覚でした。
そして、恐ろしいことに、あれよりも辛い「超痛辛」というのもあるようで、これにはなんとあのブートジョロキアが入っているとかいないとか…。
普段の私なら、ラーメン中心ではあるんですが、激辛い食べ物を見つけると飛んで喜んで、「これはなかなかの辛さだな」と思うと、慣れるまでそれを食べ続けてクリアし、次なるレベルを求めようとするわけです。
中には、メニュー表に「辛さに注意」の文字がある場合でも楽勝に行けてしまうものもあったり、辛いだけでなく、「これはなかなか癖になるおいしい味だな」と思うほどのモノだからなんとかクリアできるってのもあります。
ですが、今回ばかりは、「してやられた」感が満載で、結果的にかなりの大ダメージを食らうことになりました。
これで、お話にならないくらいおなかが痛すぎて、仕事を休んだ or 途中で早退した…という結末であれば、ネタとしては面白かったのかもしれませんが、さすがにそれも私のプライドが許さなかったというより、
なおさらに自分の失敗にひびを入れてしまう、亀裂を入れてしまうものなので、おそらく我慢し続けたと思いますし、何よりこれを理由に早退したら、やはり社会人として恥ずかしいなんてものでは済まないだろうとも思うのです。
というわけで、今回食べたカレー、「味を楽しむというより、辛さを楽しむものだ」という感想に行きつくわけで、当然のことながら、私の上をいく激辛好きの人が食べるものだと悟りました。
そんなわけで、今回ご紹介した商品、くれぐれも「本当に」辛い食べ物に自信がある方のみ挑戦してみてください。
決して、「罰ゲーム」とか「遊び」とか抜かして他人にふざけて押し付けるなどというのは、絶対にやめましょう。


以上が、ちょうど2週間ほど前にやらかした「カレーなる失敗談」でございました。
ほんと、やらかしネタというのは、基本どんなネタでもやらかした本人はとてもつらく、恥ずかしかったりするものですが、読んでる人には面白いもんなんですよね。

 あ、そうそう、最後の最後で話が脱線しますが、今週末以降どこかのタイミングで、音楽活動に関するやや大き目のお知らせを投下する予定ですので、どうぞお楽しみに!
では、また。

最近のあれこれその1 ~札幌ドームへの旅のお話など~

 こんにちは。

こちら、雨の土日となりましたが、みなさんのところはいかがでしたでしょうか?

この時期になるといつも思うことなんですが、北海道の運動会、大半のところが5月末~7月頭までの間に各地の学校で開催されるわけですが、「○○の学校、雨で順延になった」という話をそれはもう毎年のように聞きます、しかも一つや二つなんかではありません。

東京あたりで運動会やる時期にずらしてもいいんじゃないかとも思うんですけど、そうすると気候や何かの問題があるんでしょうね…うーん、難しいですね。

まあ、とやかく言う私も、運動会で晴れた記憶、2,3回くらいあればいい方ですかね。

 そんなこんなで、だいぶまたネタがそれなりにたまってきていますので、ここらでちょこっと吐き出そうと思います。

まず、簡単に仕事のことについて。

点字技能士に関する事項もさることながら、ここ最近、ちょっとした悩みとか若干の不満とか、「見えない私だってそんなこと絶対やらないししちゃいけないと思うのにな」と呆れて悲しくなってしまった出来事もありつつ、

自分が神経すり減らして製作したアレンジ局が新しい現場で流れているのを聴いては、「ああ、やった買いがあったなあ」と思ったりもして…という日々を過ごしてます。

いろいろ吐き出したいことはあるんですが、このブログにできるだけ、本当にできるだけ、必要のない限り後ろ向きなことは書かないようにと心がけているので、この程度にとどめておこうと思います。

少なくとも、これからの半年でいろいろ行動を起こさないとならないなと感じているのだけは確かです。

 話は変わって、去る5月28日(日)、予期せぬことから、今年達成したかった目標の一つを達成するに至ったわけです。

今年初めのエントリーにて、今年は札幌ドームに日ハムの試合見に行くぞ!!と宣言しましたが、まさにそれです。

それも、とある抽選で観戦チケットが当たるというものだったらしく、それとなく応募した結果、なんと本当に当選してしまったという具合ですから大慌てです。

そんなこんなで、この日行われたソフトバンクとの試合を母と観に行ってきたのでした。

実際に行ってみると、やはりラジオやテレビで見聞きするのとは違って、全然臨場感が違うわけですが、いろいろモノ申したかったこともあったりなかったり…。

結局、レアードさんのホームランでの1点だけだったという負け試合だったため、試合内容にいくつかモノ申したいことがあるのはいうまでもありません。

が、あえてそこには触れないでおいて、実際にドームでの観戦を体験して思ったことをいくつか羅列していきます。



①自分の座った位置、日ハム側の方にいたにもかかわらず、なぜか日ハムの応援よりもソフトバンクの応援の方がはっきり聞こえる位置だったようで、いろんな意味で不完全燃焼に終わってしまった(自分で買ったわけではないので下手に文句など言えませんし仕方がないですが)。

②自分たちが座る席とその列を探すときに、会談が多いのは仕方ないにしても1段1段がかなり急であり、試合前後ギリギリのところで出入りするのはかなり注意が必要(人の波にのまれて押し倒されて、ど派手に点灯すればシャレにならないし私もあの段の高さには結構ひやひやした)。

③ビールや揚げ物などのおつまみ類、やっぱり高いよね(そのままです)。

④売っていたナポリタンのパスタ麺の太さが通常の1.5倍から2倍くらいあってびっくりしちゃった(北海道を中心に何か所もチェーン店を構える「癖になる味」が売りの某ラーメン屋を思わせるくらい)。



まず、この四つのうち、上の二つについては、今度自分で席をとるときに気を付ければよいことですし、応援の際に歌っている菓子ももう少しはっきり聞こえるのではないかと思っています。

応援については、一応事前に公式サイト等で確認して行ってはいましたが、すべての選手の応援歌が現状網羅されていなかったように思いますし(まだ私が見つけられてないだけかもですが)、何より、私もすべてを憶えて行ったわけではなかった具合でして、うまいこと乗って行けず、不完全燃焼という結果になったのです。←そこも反省です、はい。

あと、せっかくなのでラジオをもっていきまして、本来なら競馬中継が途中で挿入されない某局を受信したかったのですが、感度が悪かったために、結局競馬中継が途中で入るもう片方の局を受信して聴いてましたが、これも座席がずれると感度も変わってくるのかなと勝手に思ってみたり…。

そうそう、どういうわけか自分の座った席、そのラジオ局の中継スタッフやらパーソナリティーさんなどが割と近くを行き交っておりましたので、そういう運命だったんだなと納得して丸めましたとさ。

ついでに、ラジオ関係でもう一つ気づいたことがあって、こういう場面の時やほかの地方へ出向く機会があった際のために、そろそろ携帯型のワイドFM対応ラジオなるものを用意していてもいいのかなというもので、できるなら、テレビもそれ1台で済ませられるものを探そうかなと思ってます(今使ってるのがそうなので)。

北海道の場合、現状札幌圏内や道南の一部あたりでないとワイドFMは聴けず、ほかの地域はまだしばらく対象地域にはならないしなる予定もないそうで、すっかり頭から吹っ飛んでいたのでした。

最後に、今回行った際のとっておきの失敗談であり、モノ申したいことでもあるエピソードを一つ、早い話が飲み物関係のお話です。

ドームで受付を済ませて席に行こうとすると、まるで飛行機の搭乗前を思わせるかのように手荷物検査が待っていました。

最初、「飛行機の時と同じで、ちょっとふたを開けて開封してればいいものなのか」と思ってたんですが、いやいや、甘かった(汗)。

なんと、ペットボトルの飲み物という飲み物、どんな状態であれすべて専用のカップに入れなければならないシステムになっていたらしく、これには少々参りました。

テロ対策、不審者対策の一環というのもあるのでしょう、その辺はかなり厳しくなっているようで、結果的に帰りのバスの車中で飲もうと思っていた未開封のお茶1本を無駄にする事態になってしまいました。

まあ結局は、ビールの良いさま氏に、あるいは応援して熱くなってきた体と乾いたのどを潤すのにすべて飲み切ったので、1滴も無駄にはならなかったわけですが日帰り旅行で持ちこたえられるだけの飲み物を、と思って2本以上ペットボトルを持参するのは要注意と言えますし、何らかの工夫が必要ともいえます。

そんなこんなで、負け試合になってしまったり、いろいろ不完全燃焼な部分はあったものの札幌ドームそのものは、それなりに楽しめました。

ちなみに、ドームに合ったグッズ売り場で、投手としての大谷君の写真付きキーホルダーと、実際の応援で使う小さいメガホンを買って帰ってきましたとさ。めでたし、めでたし♪

そして、今度行った時こそは大谷君の融資を観たいですし、何より勝ち試合に当たりますようにと願うばかりです。

プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。