FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安心してください 生きてます!

 どもです。こんばんはです。
いつになくそうとう長い期間更新をSABOしてしまいまして……すんません(^^;
まあもっとも、弾けたいラジオ(通称 「ハジラジ」)が止まらずに更新が続いてますし収録を休んだりしておりませんので、あの番組をお聞きの方であればおそらくお気づきかとw。
さて、ちょいとここらで生存報告もかねて最近の音楽的な近況をいくつかつづっていこうと思います。
まず、今さらなお話になるんですが、4月末に、島村楽器主催の録れコン2018の結果が判明いたしまして、Ayakongは今回も惨敗に終わりました。
昨夏にFMくしろさんのイベントで初めて披露され公共の電波に乗ってしまった「青空の向こう」という作品で、この局の市民パーソナリティー、みきりんさんをゲストボーカルに招いて挑みかかったわけですが、ボーカルを含むオーディオ編集の知識・技術両面で力不足を改めて露呈する形となりました。
ちなみに、この時初めてオーディオ編集における8割5分近い工程をDAWソフトのReaperを使い執り行ったわけですが、とある有志の方が制作してくださった動画を見ながら短期間の間に試行錯誤を繰り返したことで、一昨年の音亀フェスの際の「夜桜ディライト」よりは多少知識や技術は身に付きはしましたが、それでも、まだまだやらなければならないこと、クリアするべき課題が山積みだなと感じたわけです。
現にAyakongさん、ボーカル編集にて冒頭の歌い出しの際のブレスを削ってしまったという大変に致命的なミスをやらかしてしまい、それについて5月末に返ってきたアドバイスコメントで最も指摘される事態になったわけです(待て)。
なんか…アホとかバカかっていう言葉が聞こえてきそうですが、確かに今回アドバイスコメントを書いてくださったギタリストの鈴木一義氏のおっしゃる通り、

「歌ものに限らず、実はインストものも呼吸が大事だったりするので、そこを意識した作品作りができるといいと思います(アドバイスコメントを一部引用)

なんですよね。
んで、なぜにこのようなミスが生まれたのか…そこについて釈明しますと、まず一言で言って、今回ボーカルの編集でどのテイクを使うか以上に頭を悩ませたのがブレスの扱いでした。
断然、歌については私などよりはずー~っとうまいですし表現力もさらに身についてきてるなってのは、最近のイベントなどの歌いっぷりを見てもはっきりわかるんですが、おなかから声を出す癖がついていないようで、のどの力で「がんばって歌ってますっ!!」っていうのを感じさせてしまうような息継ぎのしかただなと思った個所がいくつもあり、その「腹式呼吸の癖がつけばもっとうまくなるよなあ」などと思いながらも、それを編集で何とかするのが自分の役目だとも同時に思ったわけです。
しかし、どうにもその冒頭部分のブレスが「がんばってますっ!!」感がものすごく出ててどうにも気になり、そこの部分だけ音量を下げてもやはり気になったために「この際いっそのこと…」と思い消してしまった具合です。
今思えば、ほかのテイクから違うブレスの部分を切り出したり、何らかのプラグインを適用させるなどの方法があったはずだなと思い反省していますが、そこは知識のなさゆえに起きたミスでもあったため、これからの課題ということにしときます、はい。
以上がこの致命的なミスに至った要因なのですが……大丈夫です、裏はとれておりますw。
 話は変わりますが、「録れコン」のほかに、実はもう一つ、ある歌謡曲の作曲コンテストに挑戦してたりしたんですが、思いのほかこちらの惨敗のほうがダメージが大きかったようです。
それもそのはず、選ばれる楽曲数は全体の2~3局のみでその他に特別賞などがあるわけでもない狭き門、しかしそれでいて応募は1コーラス分のメロディーのみでOK、選ばれれば今度は自分のメロディーを全国のいろんな歌謡歌手を志す方々に歌ってもらえるチャンスなうえに、全国放送のテレビの電波に載るような大それた事件になる可能性もある、…というのもあって結構気合を入れて6曲応募したわけですよ。
しかも、1曲当たりの参加費は「録れコン」以上にかかってるわけですよお客さん!
1曲も箸にも棒にもかからないリスクをある程度覚悟して臨んだわけですが、そこそこの自信をもって挑みかかったのもあったからか、思いのほかショックというかダメージが大きくなってしまったようです。
そして、その結果をきっかけに最近の音楽活動におけるとても悪い傾向に気づいてしまい、「こんなことなら今すぐにでも音楽やめるべきじゃないか」と思う最近です。
もうここまででもだいぶ語りつくしたので、その件に関する具体的な話はこの次にでもしましょうかね。
 あ、そうそう、最後にもう一つ。
先月、そして今月配信の最新回でも語ってますが、ゴールドコンサートにも番組をやってる音楽仲間の面々と挑戦したんですが、これも惨敗に終わったことを報告し、今日のネタを終わりにさせていただきます。
ではでは皆さん、まだまだ暑い日が続くかとは思いますが、くれぐれもお体ご自愛くださいませ。
スポンサーサイト
プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。