FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の音楽活動をゆる~く語ったり展望してみる

 おはようございまぁす!
北海道は、一気に12月がやってきたのではないかと思うくらい寒い日があったり、そうかと思えば平年並みの気温だったりとなんだか相変わらず落ち着かない空模様で、所によってはかなりの量の雪が降ってもいます。
さて、そんな中ではありますが、先月中旬くらいからでしょうか、徐々に来年の音楽活動についてぼちぼち考え始めるようになってきました。
おそらく、考え始める時期としては例年よりも1カ月余り早いかな?と感じているわけです。
まず、これまで通り、挑戦したいと思ったコンペには積極的に挑戦してみようと考えています。
今年の場合ですが、コンペに限らず、約1週間ほど前に配信となった音亀フェスの場面でも、「完璧なダメもとだったり、最悪なコンディションだと感じていてできが悪いなと自分で思っていても、意外とそれが評価されたり、思わぬところで反響を呼んだりすることがあるんだな」ってことに、身を持って気づくことが多く、つまりは、「いがいとやってみるもんだな」という自信にも少しばかりはつながったのかな?と自負していたり…。
ですが、来年は、「アーティスト Ayakong」という個人としての活動に主眼を置きたいという考えがまとまりつつあるので、昨年や今年取り組んだことの中から、いくつか見送らせていただくものが出てくるかもしれません。
まず、今年審査員特別賞をいただいて帰ってきた大分県での「サウンズコンテスト」ですが、来年は見送る方向で考えています。
また、できれば島村楽器主催のあのコンペには、挑戦する方向で考えているのですが、これも今後の状況によっては見送る可能性もあり、なんとも不透明な感じです。
なに!?「来年も音亀フェスがあったらどうするんだ?当然のように出るんだろ?」ですか?
そうですねえ、あの楽しさ、あの熱気、あの興奮があるからこそ、癖になってやめられないですし、なんだかんだで今回できなかったことを来年にやりたい気持ちだってありますし、あの時感じた闘争心の欠片も、脳内のあちこちに落ちてたりするわけです。
が、その闘争心の欠片がまみれている気持ちとは裏腹に、脳内や心身のいろんなエネルギーを今年使い果たしてしまって、力尽きかけた部分も多々あるため、これも「あくまで現段階では」不透明と言ってもよいでしょう。
↑あの、くれぐれも勘違いしないでくださいね。「来年は絶対でない」とは言ってませんからね、一言も(笑)。
あ、この際なので書いておきますが、近日中に音亀フェス専用のポッドキャストにて、Ayakongに関する何かしらのものがアップされますので、お楽しみに(^^)
んで、結局どうしたいかというと、ファーストアルバム関係のことにある程度集中する期間を設けることをいい加減主眼に置きたいと考えています。
っていうか、もともとは一昨年の12月に企画発表し、当初は、2015年の新年に掲げた目標でもあり、それを達成するため音源製作を開始する手前までの準備までは、1月末の段階で進んでいましたが、なんとその月末に状況変化の兆しがあり、昨年3月よりAyakongの活動を取り巻く状況が一転、定期的に作曲を「習う」身となりました。
これがきっかけで、当初、音源製作に没頭している予定が「スキルアップに尽力した1年」へと変貌を遂げたのであります。
まあ、その結果が昨年の音亀フェス2015におけるAyakongステージでの「豪華新曲3本立て」であり、後の今年1月末の大分行きにつながることにもなったわけです。
もっといえば、更にその後訪れた某局の市民パーソナリティーさんと、そのご家族の方との出会い、そして彼女たちの願いもあり、ありがたいことに、自らが「教える立場になる」という状況にまで発展するに至ったと同時に、、あるきっかけで、そのレッスンさせていただいている某氏が私の愛用しているシリーズのシンセを持つことになったため、結果的にこの1年数カ月で身に付けたことがそっくりそのまま生きてくるという幸運にも恵まれました。
確かに、教える立場になったら、なったなりの難しさには直面しますし、それ相当の責任も伴ってきますし、これについては本職において点字を教える場面になっても同じ気持ちです。
そう思っている中でも、今の私にとって、使用している機種、というよりシリーズが自分と同じであることもあり、心強いうえに、やはり教えやすいですし、どうすれば適格なアドバイスができるのかを実際に自分も近くに行っていじりながら教えられるので、本当にありがたいことです。
まあ……音楽の場面でも、その他の場面でも、結構人のアドバイスを素直に受け入れない、聞き入れない子なのでねえ(本当は、いい子なんですけど、何と言いますか、お年頃な年齢ってのもあるんかな)、どう説得すれば本人が理解し納得するのかいつも悩みます(トホホ)。←あ、いらぬぼやきすみませんm(__)m
おぉっとっと、話が脱線してすみません、まあそんなこんなでリアルでの取り組むことなども出てきて、気づけば2年あまり個人としての活動をおろそかにしてしまったなと、ここ最近すごく感じとるわけです。
それにプラスして、今年は2月ごろからを境に、心身ともに不調が出たりでなかったり…なんてことを繰り返した結果伸び悩んだこともあり、更にこの状況に拍車をかけてしまいました。
そこで、今のシンセを手にしてからの怒涛のスキルアップ劇もだいたい落ち着いて?きましたし、月1ペースで上記に挙げた某氏のところへ訪問する中で、だいたい今後どうしていけばよいかの方向性も見えてきたため、2年あまりAyakong個人としての活動含め、おろそかにしてしまっていた一部の活動面を中心に、来年は強化していきたいと考えています。
ちなみに、収録曲は残り新曲をそろえればすべて決定するわけですが、1曲は何とか年内に仕上がりそうな感じ、んで、もう1曲そろえたいと考えているのですが、もしかしたらかなりの長期戦になるかもしれないことをある程度覚悟しなくてはならない状態だったりして、いろいろ迷うところです。
今後、もしかしたら新たな展開が降ってくるかもしれないし、状況によっては、何かをやむを得ず取りやめたり見送った方がよい場合だってあるかもしれない…それが予想される中で、特にアルバム関係に今一度力を入れ直そうと考えているところです。
あ、そうそう、実際に来年に向け、Ayakongの活動とは別に、本職の現場にて、ピアノを弾くことが求められ、その場面が多くなることが来春以降出てくるかもしれないという状況になりかけています。
実は、なにゆえかうちの会社にピアノが1台あるのですが、それはもう何10年も調律されてないのでは?という感じの音の響き(特に、高音部分が一部怪しい)なうえ、今や弾く人が誰もいないなんともかわいそうな状態になっています。
とはいえ、職場の更なる改築を行った結果の配置によっては、ピアノではなく別の楽器ができるようになる必要に迫られるかな?とも考えているわけです。
そうでなくとも、仮にピアノで大丈夫な場合にしても、私の中では、「できるだけ多くの楽曲の伴奏ができるようになっていた方がよいだろう」という考えもあるわけです。
それもこれも、来春から始まる大きな事柄を進めていく中で、何か音楽的な面でアプローチしては?との上司の後押しがあってのことなので、何にでも挑戦させてくださることには、ただただ頭の下がる思いです。

 そんなこんなで、後は今年の活動を振り返る日記を年末あたりにゆる~く書こうかなと思ってますが、ひとまず本日は、今後について、ざっくり今思っていることを吐き出してみました。
では、また。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。