FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざスタートラインへ!!!

 こんばんは。
というわけで、本日二つ目のエントリーでございます。
さて、今回は前置きはそんなに語らずにさっさと本題いきまっせ!
いきなりタイトルだけ見ると、「なんのスタートラインなんだ?」と思う方もいるかもしれませんよね。
今年一発目のエントリーでも触れましたが、今年私は点字技能士の資格取得を目指しております。
これは、国家資格ではないのですが、厚生労働省で認可されている認定資格となっており、毎年11月中旬ごろをめどに前谷4か所余りで試験が実施されています。
ここでの詳細な説明は割愛するので、詳しくは、是非とも、Google先生やYahoo先生あたりに、点字技能師と入れて検索して詳しく調べていただければ幸いであります。
また、上記試験に合格し資格を取得するまでの間、新たに「点字技能師への道」というカテゴリで、ぼちぼち状況をつづって行こうと思いますので、どうぞ気長にお付き合いくださいませませ♪
 ところで、これも以前書いた内容とかぶりますが、きっかけは職場で点字指導をさせていただいている中途失明の方との出会いや機能訓練師の肩書の元で取り組ませていただいているそうした日々にありました。
今もそうなのですが、どういうことを取り組ませれば上達するのか、どういう風に分かりやすく教えられればいいのかと、ネットを検索しながら、時には図書館から点字本を借りながら手探り手探り考える日々の中で、「点字指導者としての技術を上げたいしいつまでも手探り手探りなどやってられないし、もっと良い指導方法、正しいと言われている指導方法があるんじゃないだろうか」と思ったことから、資格を取ろうと考えるようになりました。
現に、教え始めてから1年半以上経過していますが、やはり自分の教え方に対する不安をものすごく感じており、拭い去れずにここまできてしまったなというのが正直な気持ちであり、その現状を少しでも打破したいなと思っています。
まあ、あまり自信がない姿はお客様には見せられませんし、常に自信を持ってやるように心がけてはいるものの、それでも不安を簡単に拭い去ることなどできないわけです。
 ちなみに、この資格があることを知ったのが2013年ごろのこと、母校の学校祭で、高校時代に何かとお世話になった恩師の先生(残念ながら、先日定年退職されてしまいましたが)とお会いした際に、その年に札幌で試験があるから挑戦したらどうかと、この資格の取得を勧められてもいました。
しかし、まだ漠然とし過ぎていて考えがまとまらなかったことや当時の仕事や私生活等で居場所がなく、自分にも自信が持てなくなり、精神的にもかなり荒れくっていた、病んでいた時期も重なり、到底そんなことなど考えられもしませんでした。
当時は、今も愛用しているシンセサイザーをせっかく手にしたばかりにもかかわらず、音楽のことも日増しにまともに考えられなくなっていく日々でもありましたし。
それから時が経つこと2年あまり、職場にて上司から、

「目の見えないお客様が利用されるんだけど、どうやら点字を憶えたいっていう希望があるようだ」

との話から、指導者としてはど素人も同然の状態で、あくまで機能訓練指導員の肩書のもとで歩みを進めることになりました。
そうして実際に、始める1か月前あたりから暫くは、いろいろ細々とした苦労もありましたが、教える立場として時間を過ごしていく中で、「やっぱりこのままじゃいけないな、きちんと資格を取得したうえで、ゆくゆくは点字指導員になるための講習を受けられるだけの技量や知識と理解力を身につけたいな」という感じに心境が変化していき、徐々に資格取得を視野に入れるようになりました。
そんなこんなで、昨年くらいからぼちぼち勉強を始めてはいたのですが、正直言ってどっから勉強したらいいんだろ?という問題にぶつかりまして、これはもう実際の問題に取り組んでみて、今の自分の現状がどんな感じなのかを思い知ろうと思い、先月上旬、一昨年の問題(検定のための対策本)を借りて取り組んでみました。
これが事実上、勉強に本腰を入れるためのスタートラインに立つための第一歩になりました。
んで、今回は実際にやってみた感想とか、今後の課題点とかそういうのを連ねていこうと思います。
…と言いたいところですが、例によってここまででもそれなりに語ってしまったので、ひとまず今回はここで区切ろうと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Ayakong

Author:Ayakong
 音亀フェス2016コンピレーションアルバム、4月9日より各種ミュージックストアにて絶賛発売中!
「音亀フェス2016 ~passion~」にて演奏された楽曲の中から全12曲を収録。
総収録時間約60分、熱いハートを詰め込んだ1枚、何と価格は1000円!
Ayakongは、カバー曲ながらM9、M10の2曲にかかわっております。
詳細はこちらをチェックしてね(^^)
iTunesで購入する
アマゾン・ミュージックで購入する
google paly musicで購入する
※ その他のミュージックストアでも販売されております。また、ストアによって価格が異なる場合がございます。

 こんにちは。作曲を中心に音楽活動をしておりますDTMER、Ayakongです。
視覚障害があり、普段はスクリーンリーダ(PCの画面を音声でガイドしてくれるソフトの総称)やその環境下で利用できる作曲ソフト、その他シンセサイザーをはじめとするいろんな機材を駆使して製作しています。
もともとは、ピアノを習っていた関係からそちらがメインでしたが、2009年、当時やっていた大学時代のサークルがきっかけでこの道に入りました。
ネットラジオ、暇つぶしラジオにBGMの提供を行ったり、アマナイメージズにて商用販売されている楽曲があったり、録れコン2014(島村楽器主催)にてそこそこの結果を残す等、一応してきましたが、
まだまだやれるというハングリー精神と謙虚さと活動を支えてくださっている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに日々の活動に励んでおります。どうぞよろしく!
なお、このブログは主に、音楽活動のことや雑多な日常をつづっていくものになります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
大分旅行記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。